アレルギーについて

キャットフードを選ぶ際に原料はとても気になる部分ではありますが、いくら良いキャットフードを選んだとしても猫にとってそのキャットフードが体に合わないということであれば、その猫はアレルギーを引き起こしてしまいます。今回はそうならない為にも、猫がアレルギーを引き起こしやすい原料を事前にみなさんにお教えしますので、是非今後の参考にしていただければ幸いです。

アレルギー早速ですが、猫が最もアレルギーを引き起こしやすい原料は、牛肉と魚です。これは全体の約35%の割合を占めますので、牛肉と魚が入ったキャットフードを与え続けると、3匹に1匹はアレルギーを引き起こすという意味を指します。その他には鶏肉や小麦、とうもろこしなどもアレルギーを引き起こしやすい原料となりますので、注意して下さい。

ただし、牛肉や魚を割けた場合でもアレルギーを引き起こす場合があります。その原料がチキンミールです。チキンは猫のエサの中でも最も良いものとされていますが、このチキンミールは厳密に言えば、肉以外の羽などの部分ですので、消化も悪くなってしまい、アレルギーを引き起こしやすい食材となります。こういったキャットフードは比較的に安価で手に入りやすい為、購入したい気持ちも分かりますが、あまりに安すぎるキャットフードは避けることをおすすめします。

キャットフードの原料

猫のエサとしてキャットフードが挙げられますが、キャットフードの中でも原料はさまざまあります。今回はそんなキャットフードの原料の中でおすすめの原料をみなさんにお教えしますので、今後のキャットフード選びにお役立ていただければ幸いです。

チキンについて
出典 ≪CANAGAN / キャットフード通販≫

まず、一番おすすめする原料はチキンです。このチキンがなぜキャットフードの原料の中で一番おすすめなのかと言うと、理由はシンプルで、肉食動物である猫にとって本来のエサに近い生肉だからです、猫自体は本来ねずみやうさぎなどの獣類の肉を食べて生きてきました。その自然な流れとして肉を食べるということはその摂理にかなっていて、そういった意味でチキンは猫が食べるキャットフードとしては一番おすすめなのです。

次の原料として挙げるとすれば、サーモンです。ただし、上記でチキンが一番おすすめをしているわけで、繰り返しになりますが猫は本来肉食動物です。したがってチキンよりおすすめする原料はありませんが、もしチキンがダメということであれば魚の中でもサーモンをおすすめします。しかし、魚だけを与え続けると不足してくる栄養素が出てきてしまい、アレルギーや病気を引き起こしてしまいます。常にこのサーモンを与え続けることは非常に危険で、やはり常食として与えるのならばチキンをキャットフードとして、たまにサーモンを与えるといったような習慣にした方が良いでしょう

高たんぱく

みなさんの中で猫を飼っている方はどの位いるのでしょうか。そんな猫を飼っている方で悩むのがキャットフードの選び方。今はそれぞれが個性のあるキャットフードが多く、どこを見れば良いのか素人にはなかなか分かりません。そこで今回は一つの基準として、みなさんにキャットフードを選ぶときにどのようなところを見れば良いのかというポイントをお教えします。

たんぱく質猫はあまりイメージがないですが、本来肉食動物なのです。肉食動物ということを考えると猫はたんぱく質が必要な動物と言えます。従って、いろいろな成分がありますので一概にこのたんぱく質だけを見ればOKというわけではありませんが、高たんぱくなキャットフードを選ぶと猫の健康には良いということになります。それではどの程度高たんぱくなキャットフードが良いのか、というところですが、基準としてたんぱく質が全体の約3割以上入っているキャットフードは猫にとって非常に理想的でしょう。また強いて言うならば、肉食材がその中に豊富に含まれていれば猫の食い付きも良くなり、更に良いキャットフードと言えます。従って、一つの基準としてたんぱく質が3割以上含まれているキャットフードを選ぶように心掛けて下さい。

キャットフードの種類

猫派と犬派で好き嫌いが分かれるかもしれませんが、日本でペットとして挙げるとすればこの二択になることは確実でしょう。今回はそんなペットの中でも人気が高い猫について取り上げたいと思います。そして猫と言ってもいろいろな種類が居ますが、キャットフードについては基本的にどの猫を飼ったとしても、良いキャットフード、悪いキャットフードに違いはありません。もちろんどちらを選ぶかと言われれば良いキャットフードを選ぶでしょう。

種類そんなキャットフードにはタイプが2種類あるのをみなさんご存知でしょうか?キャットフードは大きくドライフードと呼ばれるものと、ウェットフードと呼ばれるものとなります。結論から先に言うと、ドライフードの方がウェットフードよりもおすすめです。ドライフードですが、その名前の通り、水分量が含まれておらず、開封後商品によりますが最低でも1か月は使用することができます。逆にウェットフードは水分量があり、どちらかというと生肉に近い触感になりますので、猫からすれば食い付きが良いのはウェットフードです。しかし、ウェットフードはその日で食べきらなければいけないデメリットがある点やドライフードと比べてコストが高いという点もデメリットの一つです。

また、コストが高い分、品質が良いのかと言われるとコストが低いドライフードの方が栄養価が高く高品質であり、添加物の量も少ないので、ウェットタイプのメリットとすれば上記で挙げた通り、食い付きが良いという点だけなのです。したがって、キャットフードを選ぶ際は基本的にはドライフードを選ぶように心掛けて下さい。